スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JC

2008年11月29日 22:25

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑
京都11R予想公開中!
ワンクリックご協力お願いします!
現在130位です。

G1討論掲示板
↑↑↑↑
JCについての質問または討論はこちらへ

競馬インジケータ

本命馬自信度:C
高配当期待度:C

本命は10.オースミグラスワン

毎日王冠(1800m)でウオッカと0.8秒開いた差が天皇賞(2000m)では1ハロンの距離延長で0.3秒まで詰めてきました。上がり3F・34.0秒もウオッカを0.4秒上回っていますし今回2ハロンの距離延長でどこまで差を詰めてこれるか楽しみな存在です。確かに追込一辺倒で通用する相手ではありませんが3連複要員としてなら食い込みがあっても。

以下、この距離ではパフォーマンス落とす可能性も能力で押し切れる○04.ウオッカ、2ハロンの距離延長でウオッカに逆転できるかが馬券的に鍵になる▲09.ディープスカイ、凱旋門は凡走も日本に戻れば話は別でここに適性ある△02.メイショウサムソン、2400mでは底見せず叩き2走目で前進・展開利も見込める△15.アサクサキングス、軽い芝でディープスカイとの差を逆転できるかには疑問が残る△01.オウケンブルースリ、前々で運ぶことが前提も瞬発力勝負に持ち込めば距離適性は抜群の△08.トーホウアラン・△17.アドマイヤモナーク、昨年より明らかに地力強化した注14.ペイパルブル、前々で運べ日本の硬い馬場は合いそうな注06.パープルムーンを。

●買い目

馬単[マルチ]
10→01.02.04.06.08.09.14.15.17(18点)

馬連
10→03.05.07.11.13.16.18(7点)

3連複[1頭軸流し]
10→01.02.04.06.08.09.14.15.17(36点)

3連複[2頭軸流し]
04.10→総流し(15点)

3連単[フォーメーション]
1着04
2着01.02.08.09.10.15.17
3着01.02.08.09.10.15.17
(42点)

(計118点)

●結果
1着-16.スクリーンヒーロー(9人気)
2着▲09.ディープスカイ(1人気)
3着○04.ウオッカ(2人気)
詳しい結果はこちら

京都11R予想公開中!
ワンクリックご協力お願いします!
現在130位です。
↓↓↓↓↓↓
a81eb2a2.jpg

スポンサーサイト

日曜の注目馬

2008年11月29日 19:06

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑
JC注目馬公開中!
現在130位です。

G1討論掲示板
↑↑↑↑
JCについての質問または討論はこちらへ

日曜の注目馬

東京6R
03.エイデンダンス/13人気5着
2走前の内容から前走同様これくらいの距離がベストです。飛び抜けた瞬発力がない分、福島→東京へと直線が長くなるのは歓迎です。

東京9R
02.シルクダッシュ/9人気16着
前走の大敗は道悪が全て。生粋の軽い芝巧者で良馬場なら巻き返し必至です。

東京11R
13.シュヴァルドール/11人気12着
前走上がり33.9秒で追い込みましたが0.2秒差・6着と差し込めませんでした。距離延長+馬場の後押しで食い込みがあっても。

京都11R
12.ビーチアイドル/5人気3着
1400mの成績が(0.0.0.7)に対し1200mは(2.1.1.1)と明らかに1400mの距離は合っていません。2走前にこのクラスで連対しているだけに前走の大敗は全く気になりません。

JC穴馬公開中!
現在130位です。
↓↓↓↓↓↓
a81eb2a2.jpg

土曜の注目馬

2008年11月29日 08:26

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑
東京11R穴馬公開中!
現在130位です。

G1討論掲示板
↑↑↑↑
JCについての質問または討論はこちらへ

土曜の注目馬

京都3R
05.ハッピーパレード/1人気4着
時計面で他馬を一歩リード。初芝や初距離の馬の大駆けがない限り堅軸です。

京都9R
08.ピエナファンタスト/6人気8着
札幌から京都に替わって一変しました。時計も上々で相手は強くなりますが人気ほど差はありません。

京都10R
08.アマノチェリーラン/8人気14着
長期休養明けになりますが乗り込みは十分すぎるほど。ダートは1400mに一度使われての1戦1勝で底は見せていません。その時の1.25.4という時計も3歳の牝馬限定戦にしてはかなりの好タイムでした。確かに実戦勘があるかには疑問が残りますが明らかに能力は上位です。

東京11R
04.タマモサポート/8人気1着
過去に2度軽い芝のマイル戦で重賞実績を残しているだけに今回は久々の適条件です。叩き3走目で上昇が見込めますしここでも見劣りしません。食い込みがあっても。

東京11R穴馬公開中!
現在130位です。
↓↓↓↓↓↓
a81eb2a2.jpg

京阪杯

2008年11月28日 15:18

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑
土曜京都9R本命馬&穴馬公開中!
現在150位です。

G1討論掲示板
↑↑↑↑
JCについての質問または討論はこちらへ

競馬インジケータ

本命馬自信度:A
高配当期待度:B

穴は10.ペールギュント

今回と同じ軽い芝の中京で今回と同じ58キロを背負い1.07.3のベストパフォーマンスを持っていることから適性には文句がありません。問題は自身の調子次第。不調が続いていますが立て直された効果に期待します。

もう一頭の穴は08.レッドバトラー

陣営のコメントにあるように前走の敗因は道悪が全て。3走前のセントウルSでは1.07.8・5着、3着だったスプリングソングとは0.1秒差でした。この舞台に勝ち鞍もありますし一気の人気落ちなら狙いがたちます。

以下、この距離では底見せず◎06.スプリングソング、斤量差縮まるも前走瞬発力はスプリングソングを上回り馬場の後押しで逆転まであっていい○05.ウエスタンダンサー、軽い芝への対応が鍵になるも対応できれば頭も▲15.ビービーガルダン、早い時計決着で重賞実績ある注12.マルカフェニックス、重い芝がベストも前走内容から問題ない注17.アイルラヴァゲインを。

●買い目

3連複[フォーメーション]
06-08.10-総流し(31点)

3連単[フォーメーション]
1着06
2着05.15
3着05.08.10.12.15.17
(10点)

3連単[フォーメーション]
1着06
2着05.08.10.12.15.17
3着05.15
(10点)

3連単[フォーメーション]
1着05.15
2着06
3着05.08.10.12.15.17
(10点)

3連単[フォーメーション]
1着05.15
2着05.08.10.12.15.17
3着06
(10点)

(計71点)

●結果
1着○05.ウエスタンダンサー(4人気)
2着-04.ファリダット(3人気)
3着◎06.スプリングソング(2人気)
詳しい結果はこちら

土曜京都9R本命馬&穴馬公開中!
現在150位です。
↓↓↓↓↓↓
a81eb2a2.jpg


JC前哨戦②

2008年11月27日 18:47

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑
京阪杯注目馬公開中!
現在170位

G1討論掲示板
↑↑↑↑
JCについての質問または討論はこちらへ

菊花賞

こんばんわ!

気になる人気馬の1頭オウケンブルースリが出走した菊花賞ですが果たして今年の菊花賞のレベルはどうだったのか?菊花賞はJCに結びつくのか?を検証したいと思います。

2001年
TIME:3.07.2
前:63.0
中:64.2
後:60.0


2002年
TIME:3.05.9
前:58.3
中:66.4
後:61.2


2003年
TIME:3.04.8
前:60.6
中:63.7
後:60.5


2004年
TIME:3.05.7
前:60.4
中:63.7
後:61.6


2005年
TIME:3.04.6
前:61.2
中:63.4
後:60.0

2006年
TIME:3.02.7
前:58.7
中:63.5
後:60.5


2007年
TIME:3.05.1
前:60.7
中:63.6
後:60.8

2008年
TIME:3.05.7
前:58.8
中:66.7
後:60.2



菊花賞組がJCで馬券になったのはこの8年だけでも5頭

01年ジャングルポケット(JC1着・菊花賞4着)
03年ザッツザプレンディ(JC2着・菊花賞1着)
04年コスモバルク(JC2着・菊花賞4着)
04年デルタブルース(JC3着・菊花賞1着)
06年ドリームパスポート(JC2着・菊花賞2着)

今年の走破タイム3.05.7は平均程度。最も早かった2006年にはドリームパスポートが2着、逆に最も遅かった2001年はジャングルポケットがJCを制しているのですから走破タイムからレベルを推測するのは意味が無いように思います。

ではラップからはどうでしょう?

今年は前半1000mと中盤の1000mの差が7.9秒、これは2002年の8.1秒に次ぐ中だるみの展開。その2002年の3歳馬の成績はJCに出走しなかったものの菊花賞勝ち馬ヒシミラクルが後の天皇賞春→宝塚記念を制覇、菊花賞に出走しなかったシンボリクリスエスが天皇賞秋1着→JC3着と同年代のレベルは高く中だるみだからと言ってレースレベルを低いと判断することもできないということです。

このことから菊花賞の時計やラップからは判断できず何が重要なのかというとやはり同年代のレベルそのもの。

今年の3歳馬のレベルは低いと言われていますがディープスカイが天皇賞3着、リトルアマポーラがエリザベス女王杯制覇と古馬相手にも十分通用することがわかっています。

オウケンブルースリは神戸新聞杯でディープスカイに敗れはしましたが0.1秒差の僅差負け。

8年で5頭も馬券になっているわけですから菊花賞→JCのステップはローテーション的には文句なしと言えますし力的にも通用する値であると判断しても問題ないと思います。

今週は土曜の重賞、京阪杯で注目している馬がいます!

ぜひランキングにご協力を!

京阪杯注目馬公開中!
現在170位です。
↓↓↓↓↓↓
a81eb2a2.jpg

JC前哨戦①

2008年11月26日 06:34

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑
JC注目馬公開中!
現在190位

G1討論掲示板
↑↑↑↑
JCについての質問または討論はこちらへ

天皇賞
今年の天皇賞は2003年にレコードで制したシンボリクリスエスのタイムより0.8秒上回る超ハイレベルな戦いでした。

では過去の天皇賞のラップから今年はどのようなレースだったのか検証してみます!

2003年(良)
1:58.0(シンボリクリスエス)
12.5-10.9-10.5-11.1-11.9-11.8-12.2-12.0-13.2-11.9
前5F-後3F(56.9-37.1)

2007年(稍)
1:58.4(メイショウサムソン)
12.9-11.5-11.7-11.6-11.9-11.9-11.9-11.5-11.4-12.1
前5F-後3F(59.6-35.0)

2008年(良)
1.57.2(ウオッカ)
12.6-11.1-11.5-11.9-11.6-11.6-11.7-11.3-11.3-12.6
前5F-後3F(58.7-35.2)

見てもわかるように2003年は2F目と3F目に10秒台が入り前半かなり厳しく途中12~13秒台が3度入る中緩みの展開で今年と比較して1000m通過に1.8秒もの開きがありレース展開や性質としてはかなりの違いがあります。

今年のラップにかなり酷似しているのがメイショウサムソンが勝った昨年の天皇賞、最初と最後の1F以外はすべて11秒台を刻み中緩みが入らない展開。1000m通過を今年と比較しても0.9秒差、稍重だった馬場差を考慮すればほぼ同じラップだったということがわかります。

2007年JC
1着アドマイヤムーン/天皇賞6着
2着ポップロック/天皇賞4着
3着メイショウサムソン/天皇賞1着

その今年と酷似したラップを刻んだ2007年の天皇賞組のJCの成績です。

中緩みのない一貫したペースはやはり消耗度が高いのでしょうか?

もちろん400mの距離延長で適性云々もありますが天皇賞勝ち馬メイショウサムソンは3着、天皇賞でメイショウサムソンに0.9秒差があったアドマイヤムーンが勝利と見事に着順が入れ替わっています。

ウオッカは天皇賞が渾身の仕上げで激走、反動がいかにも気になるところです。

こうなればやはり今回が本番と陣営のコメントにあるように天皇賞の負け組からはディープスカイが最有力。

他には今回は逃げ馬不在でSペースになれば先行して展開利がありそうな●●●●●●●●。

差し馬からはウオッカの上がり3Fを0.4秒上回った●●●●●●●●●が距離延長で更に良さが出そう。

この2頭の注目馬はランキングのコメントに公開中!!
現在190位です。
↓↓↓↓↓↓
a81eb2a2.jpg

JC登録馬

2008年11月25日 07:58

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑
福島記念的中!
現在190位

G1討論掲示板
↑↑↑↑
JCについての質問または討論はこちらへ

東京/芝2400m

●出走予定馬

アサクサキングス/ルメール
アドマイヤモナーク/安藤
ウオッカ/岩田
オウケンブルースリ/内田博
オースミグラスワン/川田
コスモバルク/松岡
スクリーンヒーロー/デムーロ
ダイワワイルドボア/北村宏
ディープスカイ/四位
トーホウアラン/藤田
ネヴァブション/横山
ポップロック/ペリエ
マツリダゴッホ/蛯名
メイショウサムソン/石橋守
シックスティーズアイコン/ムルタ
パープルムーン/スペンサー
ペイパルブル/ムーア
マーシュサイド/カステリャーノ

除外対象
トーセンキャプテン
ドリームシグナル
サクラメガワンダー

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑
福島記念的中!
現在190位

福島記念

2008年11月24日 06:38

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑
いつもありがとうございます!
重賞のみ18レースで万馬券6本目!
現在190位

競馬インジケータ

本命馬自信度:B
高配当期待度:A

本命は04.マンハッタンスカイ

2000mでは(2.2.2.2)という実績を持っており重賞でも新潟大賞典・金鯱賞2着、函館記念3着と馬場レベルに関係なく安定した成績を残せています。近走3走の凡走は札幌記念はマイナス20キロの馬体減りで状態悪く、京都大賞典は分が悪い瞬発力勝負の決着、アルゼンチン共和国杯は出遅れと敗因がハッキリしているだけに巻き返しが見込めます。

もう一頭の穴は07.スウィフトカレント

2006年の天皇賞で2着したようにこの距離に関しては(2.3.1.6)と得意にしています。また一瞬しか脚がない分、小回りコースは歓迎です。近走ダートに使われており人気が全くありませんが久々に得た適条件で一発を狙います。

以下、前走不利があり凡走もここは適条件で巻き返し見込める○13.マイネルキッツ、時計勝負は苦手も今の馬場ならこなせる△03.フィールドベアー、天皇賞は17着大敗も札幌記念の走破タイムと同じことから時計面には限界があることがわかり今の馬場なら問題なくあとはトップハンデがどうか△09.タスカータソルテ、3走前にこの舞台でレコード時計を叩き出した△11.ブレーヴハート、適条件で軽ハンデを生かしたい注01.キャッチャータイトル、今の馬場レベルどうかも生粋の軽い芝巧者である注10.センカク、福島巧者でこのメンバーなら食い込みあってもおかしくない注14.グラスボンバーを。

●買い目

馬単[マルチ]
04→03.07.09.11.13
07→03.04.09.11.13
(20点)
14100円的中!

馬連
04→01.02.05.06.08.10.12.14.15
07→01.02.05.06.08.10.12.14.15
(18点)

3連複[フォーメーション]
04.07-04.07.13-総流し(37点)
48920円的中!

(計75点)

●結果
1着◎04マンハッタンスカイ(7人気)
2着○13.マイネルキッツ(3人気)
3着注14.グラスボンバー(14人気)
詳しい結果はこちら


マイルCS

2008年11月23日 06:19

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑
いつもありがとうございます!
現在160位

競馬インジケータ

本命馬自信度:A
高配当期待度:C

本命は16.カンパニー

毎日王冠でスーパーホーネットに敗れはしましたがSペースでの瞬発力勝負で位置取りに大きく左右されたレースでした。前走の天皇賞はHペースでの歴史に残る超ハイレベルなレース、その中でも上がり最速33.5秒の脚で追い込みクビ差の4着とあわやの場面を見せました。数字上、スーパーホーネットに勝つという可能性を残しているのは初芝のアドマイヤスバル・重い芝で1.33.9のベストパフォーマンスから軽い芝は未知も対応できてもおかしくないラーイズアトーニーの未知の2騎以外では同馬しか見当たりません。横山騎手が騎乗するようになって自在性が出てきた今なら頭まであってもおかしくありません。

以下、番手で展開の利があれば01.ローレルゲレイロ、明らかにパワーアップも簡単に先手をとらなければ厳しい04.マイネルレーニア、適性十分で3連複候補なら03.スズカフェニックス・05.ジョリーダンス、前走出遅れ度外視で叩いた前進あれば06.ショウナンアルバ、生粋の軽い芝巧者で距離短縮なら前走大敗気にならない15.スマイルジャック、重い芝巧者も上がりがかかれば11.リザーブカード・12.キストゥヘヴン・13.サイレントプライド、Sペースの瞬発力勝負になれば台頭する07.ブルーメンブラット・09.マルカシェンク、早い時計苦手も安定している18.エイシンドーバー、初芝も相手強く厳しい08.アドマイヤスバル、非常に重い芝でも1.33.9のベストパフォーマンスを持っておりマイル5戦4勝の10.ラーイズアトーニーを。

馬券は紐荒れに期待!

●買い目

3連単[フォーメーション]
1着16.17
2着16.17
3着総流し
(32点)

3連単[フォーメーション]
1着16.17
2着総流し
3着16.17
(32点)

(計64点)

●結果
1着注07.ブルーメンブラット(4人気)
2着○17.スーパーホーネット(1人気)
3着-02.ファイングレイン(10人気)
詳しい結果はこちら

東スポ2歳S

2008年11月21日 18:17

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑
マイルCS注目馬公開中!
現在160位

競馬インジケータ

本命馬自信度:C
高配当期待度:B

本命は07.バックハウス

新馬戦は函館で凡走しましたが休養を挟んで前走軽い芝に替わり初勝利。東京マイル1.35.1・上がり34.9秒の時計面も優秀ですし2走ともに出遅れているだけに距離延長は歓迎できます。時計勝負にメドがたち叩き2走目での前進も見込めるだけに楽しみな存在です。

単穴には03.メイショウドンタク

陣営のコメントにあるように前走はイレ込みがきつく力を出せませんでした。新馬戦の小倉1800mで1.48.4の好タイムでの強い競馬をしただけに完全には見限れません。人気落ちで一発に期待します。

●買い目

馬単[マルチ]
07→01.02.03.04.06.09.11.14(16点)

馬連
07→05.08.10.12.13(5点)

3連複[1頭軸流し]
07→01.02.03.04.06.09.11.14(28点)

3連複[2頭軸流し]
07.09→総流し(12点)

3連単[フォーメーション]
1着03
2着09
3着01.02.04.06.07.11.14
(7点)

3連単[フォーメーション]
1着03
2着01.02.04.06.07.11.14
3着09
(7点)

(計75点)

●結果
1着-05.ナカヤマフェスタ(9人気)
2着注02.ブレイクランアウト(1人気)
3着注06.サンカルロ(4人気)
詳しい結果はこちら


マイルCS前哨戦

2008年11月20日 06:36

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑
マイルCS注目馬公開中!
現在160位

G1討論掲示板
↑↑↑↑
マイルCSについての質問または討論はこちらへ

富士S
現在の施行条件になってから富士Sからのステップで馬券になった例は無く注目度は低いレースですが今年の富士Sは前半4F-46.1秒・後半4F-46.6秒の前傾ラップ、勝ち馬サイレントプライドの走破タイムも1.32.7の好タイム、馬場差を考慮してもレベルの高いラップでした。毎日王冠の1600m通過が1.32.6ですから勝ち馬スーパーホーネットの強さに及ばないのは一目瞭然ですがここで0.5秒差だったカンパニーと比較すれば差はありません。今回ハナに拘るマイネルレーニア・コンゴウリキシオー2騎の存在で前傾ラップ濃厚、ラップ的に見れば本番につながるレースだったと言えます。富士S組からはもちろん勝ち馬サイレントプライド、不利を受けなければもっと切れる脚が使えた可能性があるショウナンアルバを推奨。2着リザーブカードは展開利+完全に前が開いたにもかかわらず上がり34.0秒で差しきれなかった点は評価できず、4着エイシンドーバーは叩いた上積み見込めるも1分32秒台での好走例はなく時計勝負は×。

★注目馬
ショウナンアルバ
皐月賞・ダービーともに二桁着順でしたが富士Sで出遅れ・直線で前がふさがる不利がありながらも上がり最速の33.6秒の脚を使い0.3秒差・6着、いくら後方一気とはいえレース上がりが34.8秒ですからこの末脚は評価できるもので35秒台のジリ脚しか使えなかった同馬が非凡な瞬発力を見せたことから成長がうかがえます。現状やはりこれくらいの距離があっていますし休み明けを叩いた効果にも期待します。

スワンS
★注目馬
ジョリーダンス
スワンSも好タイム・前傾ラップで本番につながるレースでしたが今回コンゴウリキシオーの存在で多少なりとも前残り組は厳しくなりそう。その中でも評価したいのが同馬。斤量差はあったもののスズカフェニックスに着差・上がり3Fのどちらも上回り距離延長は歓迎材料。昨年の安田記念でも1.32.7・3着とHペース志向のコンゴウリキシオーが逃げるラップは適ラップで時計勝負も問題ありません。人気の面からも狙い十分です。

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑
マイルCS注目馬公開中!
現在160位


マイルCS登録馬

2008年11月16日 16:07

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑
マイルCS注目馬公開中!
現在160位

G1討論掲示板
↑↑↑↑
マイルCSについての質問または討論はこちらへ

京都/芝1600m/外回り

●出走予定馬

アドマイヤスバル 川田
エイシンドーバー 内田
カンパニー 横山典
キストゥヘヴン 藤田
コンゴウリキシオー ルメール
サイレントプライド 後藤
ショウナンアルバ 蛯名
ジョリーダンス 秋山
スズカフェニックス 武豊
スマイルジャック 岩田
スーパーホーネット 藤岡佑
ファイングレイン 幸
ブルーメンブラット 吉田豊
マイネルレーニア 佐藤哲
マルカシェンク 福永
リザーブカード 柴山
ローレルゲレイロ 四位
ラーイズアトーニー キャラハン

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑
マイルCS注目馬公開中!
現在160位

エリザベス女王杯

2008年11月15日 16:54

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑↑↑↑
エリザベス女王杯注目馬公開中!
現在220位

G1討論掲示板
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
エリザベス女王杯についての質問または討論はこちらへ

競馬インジケータ

本命馬自信度:B
高配当期待度:B

本命は11.ムードインディゴ

瞬発力勝負より上がり34~35秒台で好走する消耗戦に強いタイプの馬です。時計勝負では軽視していた前走ですが2000mを1分58秒台で好走したことから完全に本格化してきました。オークスでは凡走しましたが前走内容から距離延長は歓迎です。スローペースでの極端な上がり勝負にならなければ通用する決め手はあります。

対抗には15.カワカミプリンセス

2年前のこのレースの内容から適性は問題ありません。叩いた上積みも見込め牝馬限定戦なら力が違います。ただ前走の内容に関して勝ち馬の決め手に屈しました。そういう意味で頭で狙うのは危険なのかもしれません。

穴は01.レインダンス

不振が続いていましたが前走の府中牝馬Sで見せ場十分の4着と完全に復調を示しました。好調時に新潟1800mで記録した1.45.7・上がり33.0秒のベストパフォーマンスが示すように軽い芝での瞬発力勝負を得意にしています。毎年秋・冬になると調子が良く昨年の秋華賞でウオッカ・ベッラレイアに先着した実力馬です。京都2200m外回りは同馬にとってベストの舞台、ただ午前中の雨の分だけ割引きました。

以下、この舞台はベストでここが正念場△13.ベッラレイア、前走上がり最速も差し届かなかったことから距離延長で頭もあっていい△16.リトルアマポーラ、距離未知も適性次第では一発怖い注05.ポルトフィーノ、瞬発力ではヒケをとらない注09.アルコセニョーラ・注12.アスクデピュティ、時計勝負は未知の外国馬2頭、注04.フェアブリーズ・注06.トレラピッドを。


●買い目

馬単[マルチ]
11→01.04.05.06.09.12.13.15.16(18点)

馬連
11→02.03.07.08.10.14.17.18(8点)

3連複[1頭軸流し]
11→01.04.05.06.09.12.13.15.16(36点)

3連複[2頭軸流し]
11.15→02.03.07.08.10.14.17.18(8点)
01.15→総流し(16点)

3連単[フォーメーション]
1着15
2着01.11
3着01.04.05.06.09.11.12.13.16
(16点)

3連単[フォーメーション]
1着13.16
2着15
3着01.11.13.16
(6点)
12690円的中!

3連単[フォーメーション]
1着13.16
2着01.11.13.16
3着15
(6点)

(計114点)

●結果
1着△16.リトルアマポーラ(4人気)
2着○15.カワカミプリンセス(1人気)
3着△13.ベッラレイア(2人気)
詳しい結果はこちら

京王杯2歳S

2008年11月14日 00:02

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑↑↑↑
エリザベス女王杯注目馬公開中!
現在220位

G2・G3討論掲示板
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
京王杯2歳Sについての質問または討論はこちらへ

競馬インジケータ

本命馬自信度:B
高配当期待度:B

本命は12.スズノハミルトン

この距離に関しては2戦2勝。前走の1.21.9というタイムも優秀なもので軽い芝の時計勝負でも問題ないことがわかりました。またエイシンタイガーと走破タイム・上がり3Fのタイム(34.7秒)は同じでも上がり4Fで見るとこちらの方が上。それだけ長くいい脚が使えたということです。このことから東京の長い直線はプラスに働きます。一瞬のキレという面では劣りますがこのメンバーなら人気ほど差はありません。

対抗は01.トップカミング

ファンタジーSのワンカラットと同じ考え方、レコード決着になったマイル戦のデイリー杯2歳Sで4角5番手から0.5秒差・7着に粘りました。2走前にはこの距離で勝っていますし1.22.2の時計自体も悪くありません。距離短縮は歓迎です。

一発秘める未知の2騎
05.ナンヨーアイドル15.スパラート

同馬ともに前走、出遅れて最後方からの競馬にもかかわらず前者は上がり最速の34.9秒の脚で快勝、次位の上がりは36.0秒。後者も上がり最速の34.3秒の脚を使って0.1秒差・4着、次位の上がりが35.2秒だったことから同馬ともに時計的にもヴィジョン的にも次元の違う瞬発力を見せました。まだ早い時計・軽い芝は経験していませんがパフォーマンスからはさらに良さが出る可能性は十分あります。

●買い目

馬単[マルチ]
12→01.05.15
05→01.12.15
(12点)

馬連
12→02.03.04.06.07.08.09.10.11.13.14
05→02.03.04.06.07.08.09.10.11.13.14
(22点)

3連複[2頭軸流し]
01.12→総流し(13点)

3連複[フォーメーション]
01.12-05.15-01.02.03.05.06.07.08.09.10.12.13.14.15(40点)

(計87点)

●結果
1着注02.ゲットフルマークス(14人気)
2着注06.フィフスペトル(1人気)
3着注07.エイシンタイガー(3人気)
詳しい結果はこちら

べにちゃい競馬塾(7)

2008年11月11日 06:25

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑↑↑↑
いつもありがとうございます!

こんにちわ!

今日はべにちゃい競馬塾(5)・(6)の復習と今までの反省点などを書きたいと思います。

日曜のファンタジーS(1400m)で競馬塾(6)にあるように自分が口うるさく言う総流し馬券の威力をようやくお見せすることができました。

また競馬塾(5)で説明した人気馬に未知の部分があるときは疑ってかかるということもファンタジーSで実感していただいたのではないでしょうか?


まずは一つ目の総流し馬券

13番人気のイナズマアマリリスが快勝しました。同馬は元々地方競馬出身で中央競馬では札幌で2走し500万クラスで1着・OPクラスで2着と成績自体は悪くありませんでしたがぼく自身この馬のレース内容から正直、距離延長で新味がでるとは全く思いませんでした。このことから軽い芝・1400mの距離も初めてですし人気も全くありませんでしたが狙いたいとは思いませんでした。ですが走ってみれば快勝。競馬というものはわかりません。おそらくメディア系で本命にしていたのは関西系ローカルで放送されているサタうまに出演しているシャンプーハットの小出水さんくらいでしょうか。ちょっと的の外れた予想をする人でないと到底本命になんかできません(笑)。こういう買えない馬が激走する時に効果的なのが総流し馬券です。


次に二つ目の未知の人気馬

今回1番人気は新馬戦を阪神マイルで走破タイム1.35.9、2着馬に0.4秒差つけ快勝したワイドサファイアでした。今回のファンタジーSの施工条件は京都1400m、もちろん同馬は新馬戦を走ってこれが2走目ですのでこの条件は初めてでした。どうでしょう?いくら強かったとはいえ京都1400mで好走できるかは未知です。それなのに単勝オッズは1.6倍の断トツ人気。走ってみれば直線でもう一つ伸び切れず4着。ぼくからすれば未知の部分がある人気馬に大金をつっこむ人の気が知れません。3番人気のツルマルハローにしても同じことが言えます。同馬は新馬戦のダート1400mで2着馬に1.0秒差つけ快勝。この馬に限っては芝ではなくダートで走った内容が評価されさらには武豊騎乗で単勝が過剰人気。結果は全くいいところなしの11着でした。もし未知の馬を買うのであれば同じ未知は未知でも人気のない馬を買うようにすれば思わぬ超万馬券を手にすることがあるかもしれません。


ブログを始めてからの反省点

京都大賞典
◎トーホウアラン/4番人気1着
総流し馬券を買っていなく馬単11450円・3連複16340円・3連単114270円取り損ね。

富士S
◎バトルバニヤン/7番人気3着
対抗のエイシンドーバーを信頼しすぎ3連複1頭軸流しを買っていなく3連複17210円取り損ね。

ファンタジーS
◎ワンカラット/5番人気2着
もう1頭の穴シルクナデシコもワンカラットと同じくらい妙味がありいつものように馬単総流しを買っていなく馬単66920円を取り損ね。

この3つです。富士SとファンタジーSは自分で決めた買い方だったので仕方なかったですが京都大章典は自分の馬券理論では絶対にやってはいけないことでした。このあたりはこれからどんどん改善できると思うので頑張ります。


逆に良かった点

全13頭
◎本命馬[1-1-3-8] 単07%-連15%-複38%
○対抗馬[4-3-3-3] 単30%-連53%-複76%

穴馬を本命にして4割近い複勝率を出せていることは自分でも満足しています。あとはやはり本命馬が馬券に絡めば絶対に馬券を取りこぼさないことですね。

また対抗馬の複勝率には自分の予想理論が的外れではないという証明にもなり嬉しく思います。『対抗馬』=『べにちゃいが本命予想家ならこの馬から買う』というニュアンスで捉えていただけたらと思います。ただ単に人気馬を対抗にしているわけではありませんしきっちり適性を見て決めているので本命予想の方はぼくの対抗馬を参考にしていただいてもいいかもしれませんね(笑)。もちろん対抗馬は人気馬が多いので当然の結果だと言われればそれまでですが、ではなぜ穴予想家なのに対抗馬は人気馬なのか?

それは1番人気~3番人気までの3頭全てが着外になるケースは全レースの1割に満たないというデータがあるからです。ですから矛盾になるかもしれませんが何でもかんでも穴馬から買ってもそれはそれで当たりません。3連複2頭軸の2頭目に必ず強い馬を選ぶようにしているのはそのためです。何も無理矢理に対抗馬を1~3番人気から選ぶということはしていませんが実際自分が3着以内は堅いと思う馬は人気になっても仕方ない馬だからです。

対抗馬が着外になったのは

京都大章典
○マンハッタンスカイ/5番人気6着
このレースは人気のアルナスライン・アドマイヤジュピタともに休養明けで状態に不安があり正直複軸が見当たりませんでした。ですから馬券も2頭目の軸にこの○マンハッタンスカイと7番人気の▲アイポッパーの2頭で勝負しアルナスライン・アドマイヤジュピタは着外、アイポッパーが3着だったので対抗の印をマンハッタンスカイにつけたのは間違いではなかったと思っています。

秋華賞
○レジネッタ/2番人気8着
このレースは1番人気トールポピーと2番人気レジネッタのどちらを対抗にするか迷いました。どちらも消耗戦に強く馬券になるなら両馬ともにと思っていましたが自分の中でトールポピーは馬券になるなら頭というイメージ、レジネッタは勝ちきれないけれど3着以内ならというイメージを持っていたのでレジネッタを対抗にしました。結果は両馬ともに直線で伸びを欠き着外。正直敗因はわかりません。競馬塾(4)でメイショウサムソンを例に出したように馬も生き物です。走りたくない日だってあります(笑)。これがさっき述べたように1~3番人気の馬が全て着外になる確率のその1割のレースでしょうか。

富士S
○エイシンドーバー/1番人気4着
これは本命のバトルバニヤンが3着だったので悔しかったレースの1つです。休養明けでしたが今回は馬体も出来上がっており調教の本数も万全で東京マイルG1・3着の実績から適性も問題ないと思い対抗にしました。結果は直線で伸びてはきましたがあと1歩届かず。やはり休養明けでキレという面が備わっていませんでした。これは仕方なく馬券でもう少し自信をもって本命のバトルバニヤンから厚めに買うべきでした。


どんどんワンコイン馬券の威力をみなさんに披露するためにこれらの反省をふまえ本命馬・対抗馬ともにさらに精度の高い予想ができるよう頑張ります!

馬券も先週万馬券2本的中!

本命馬激走も馬券はハズレ、馬券的中も配当が安かったりというようにどこか悪循環だった10月のマイナスから一気にプラス回収にまでもってこれました。

今週はエリザベス女王杯・京王杯2歳Sが行われます!

京王杯2歳SはファンタジーS同様未知の人気馬・未知の人気薄が多数存在するので盲点をついて高配当ゲットといきたいところです。

週末の予想に期待してください!

ファンタジーS

2008年11月09日 01:40

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑↑↑↑
いつもありがとうございます!


競馬インジケータ

本命馬自信度:B
高配当期待度:B

本命は01.ワンカラット

前走、2歳にしては破格のレコード決着だったデイリー杯2歳Sで牡馬相手に4コーナー4番手から0.5秒差・6着にまで粘りました。このことから1ハロンの距離短縮は歓迎です。牝馬限定戦のここなら頭で狙えます。

自信の堅軸は05.アディアフォーン

重い芝の阪神では勝ち切れませんでしたが京都コースに替わって快勝しました。時計面も前日に行われたりんどう賞よりも0.5秒早い優秀なものでした。軽い芝に適性があることがわかった今なら一気の相手強化でもさらなる前進を期待します。

単穴は07.シルクナデシコ

小倉2歳S(1200m)ではメンバー中上がり2位の35.2秒の脚を使いながらも0.3秒差・4着と差し届きませんでした。現状1200mの距離は同馬にとって忙しいので1ハロンの距離延長で逆転も考えられます。

●買い目

3連複[2頭軸流し]
01.05→総流し(12点)
42720円的中!

3連複[2頭軸流し]
05.07→総流し(12点)

3連単[フォーメーション]
1着01.07
2着05
3着総流し
(24点)

3連単[フォーメーション]
1着01.07
2着総流し
3着05
(24点)

(計72点)

●結果
1着注03.イナズマアマリリス(13人気)
2着◎01.ワンカラット(5人気)
3着○05.アディアフォーン(2人気)
詳しい結果はこちら



アルゼンチン共和国杯

2008年11月09日 01:40

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑↑↑↑
いつもありがとうございます!


競馬インジケータ

本命馬自信度:C
高配当期待度:B

本命は11.ダンスアジョイ

まだ準OPクラスの馬ですが前走はハンデ戦でしたしそれ以前に距離が短すぎました。今回は適距離に戻りますし2走前には上がり33.1秒の決め手を使っているだけに瞬発力ではここでもヒケをとりません。昨年のこのレース4着馬で今年はさらに斤量も1キロ減、ハンデ差を利して食い込みがあっても。

もう1頭の穴は12.メイショウカチドキ

2004年に条件戦を3連勝しG2でも人気になっていた実力馬が故障のブランクを経て前走の強豪揃う京都大賞典で上がり最速の33.9秒の脚を使い0.1秒差・4着と完全に復調を示しました。まだ重賞で実績はないものの前走、同斤量だった今回1番人気のアルナスラインに先着していますし今回は4キロもの斤量差が生じます。満更ではありません。

●買い目

馬単[マルチ]
11→02.04.05.06.08.10.12.14.15.16(20点)

馬連
11→01.03.07.09.13(5点)

3連複[2頭軸流し]
10.11→総流し(14点)

3連複[フォーメーション]
11.12-02.10-02.04.05.06.08.10.11.12.14.15.16(32点)

(計71点)

●結果
1着注04.スクリーンヒーロー(3人気)
2着注14.ジャガーメイル(2人気)
3着○10.アルナスライン(1人気)
詳しい結果はこちら



武蔵野S

2008年11月08日 11:36

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑↑↑↑
いつもありがとうございます!


競馬インジケータ

見解の前に初めてのダートの予想になりますのでダートの馬場についての簡単な説明をしたいと思います。

芝というものは一般的に開催が進行するにつれ馬場が荒れていき時計がかかる状態へと変化していきますがダートについては砂であるわけですからこういった現象は起きません。

次に芝は雨が降れば降るほど重い馬場になり時計がかかりますがダートの場合、この逆で脚抜きが良くなり時計が早い馬場へと変化していきます。

今回の東京競馬場のダートは日本の中でも軽いダートに位置し時計が出やすい馬場です。

また天気予報から雨の降る可能性があるので1分35秒よりも早い時計での決着も十分考えられます。

軽い芝同様に持ち時計や上がりに注目し時計勝負に強い馬を狙うのがベストです。


本命馬自信度:C
高配当期待度:B

本命は06.エスケーカントリー

東京2100mの距離実績が(3.1.0.1)と抜群なだけにもちろん距離はもう少し長いほうがベストですが3走前に上がり34.5秒の芝並みの決め手を使っているだけに直線の長い東京コースは確実に合っています。マイル戦の実績は平凡ですがまだ本格化していない3歳時の成績ですので問題ありません。マイルの流れは同馬にとって忙しいかもしれませんが決め手があるだけに食い込みがあっても。

連軸には11.ユビキタス

前走は敗れましたが1400mの距離でしたし勝ち馬が後にG1を勝ったバンブーエールですから仕方ありません。2走前のユニコーンSでは1.35.1という3歳馬にしては破格の時計を叩き出したのですから並の馬ではありません。ただ直線の長い東京だけに決め手を持っている差し追い込み馬の目標になり頭で狙うという面では危険かもしれません。

単穴は07.キクノサリーレ

未勝利を勝つまでに7戦も擁しましたがここにきて条件戦を3連勝と完全に本格化しました。ここ4走が全て重いダートだけに時計勝負になるとどうかですがタケミカヅチが初ダートで人気になっている妙味のない未知の魅力よりこちらの方が妙味があります。ここ2走も上がり最速の決め手を持っているだけに時計勝負さえクリアできれば底は見せていないので頭まであっても。

●買い目

馬単[マルチ]
06→01.02.03.07.10.11.13.14.15.16(20点)

馬連
06→04.05.08.09.12(5点)

3連複[2頭軸流し]
06.11→総流し(14点)

3連複[フォーメーション]
06.07→11.13→01.02.03.06.07.10.11.13.14.15.16(32点)
1290円的中!

3連単[フォーメーション]
1着06.07
2着11.13
3着01.02.03.06.07.10.11.13.14.15.16
(36点)
20890円的中!

(計107点)

●結果
1着▲07.キクノサリーレ(5人気)
2着△13.サンライズバッカス(4人気)
3着○11.ユビキタス(1人気)
詳しい結果はこちら



天皇賞

2008年11月01日 20:06

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑↑↑↑
1日ワンクリックお願いします!


競馬インジケータ

本命馬自信度:A
高配当期待度:C

本命は01.アサクサキングス

京都コース(2.0.1.0)、東京コース(2.1.0.1)と生粋の軽い芝を滅法得意にしています。東京で着外になったのも稍重のNHKマイルCでした。前走の宝塚記念も道悪が全て。それでいて5着だったことから当初より確実に力はつけています。瞬発力という面では他馬に劣るので極端な瞬発力勝負になれば分が悪くなりますがある程度早い流れが見込める今回なら十分チャンスはあります。休養明け・騎手が嫌われて人気を落とすなら狙い目です。

連軸には07.ダイワスカーレット

全成績が(7.3.0.0)と未だ連を外していません。対ウオッカの成績も3勝1敗とこちらの方が上。先行して33秒台の上がりを繰り出すのですから尋常でない瞬発力がなければ太刀打ちできません。休養明けでも出来は万全です。

評価を落としたいのが14.ウオッカ

安田記念の圧勝からベスト条件はやはりマイルでしょう。前走の毎日王冠(1800m)の内容に関して負けて強しと騒がれていますが先行馬有利の馬場でセフティリードからスーパーホーネットに差し切られたことがそれを示しています。もちろん強いことは確かですが1ハロンの距離延長は確実に不安材料です。人気ほど信頼できません。

一気の人気落ちで狙ってみたいのが16.カンパニー

前走の毎日王冠では4コーナー9番手からメンバー中上がり2位の33.2秒の脚を使ったものの0.5秒差・5着と差し届きませんでした。スローペース+開幕週の先行馬有利の馬場だったことを考えれば優秀で開催4週目に突入し時計のかかる馬場へ推移している今なら馬場の後押しで届くようにもなります。もちろんこのことから距離延長は歓迎ですし東京コース(0.0.1.7)と成績はよくありませんが唯一3着だったのも昨年の天皇賞秋のこの舞台ですしほとんどがG1などの上級条件でのもので気にするものではありません。人気がないようなら面白い存在です。

●買い目

3連複[2頭軸]
01.07→総流し(15点)
3連複2軸

3連単[フォーメーション]
1着07
2着01
3着総流し
(15点)
3連単①

3連単[フォーメーション]
1着07
2着総流し
3着01
(15点)
3連単②

3連単[フォーメーション]
1着07.14
2着01.07.14.16
3着01.07.14.16
(12点)
3連単③

(計57点)

●結果
1着▲14.ウオッカ(1人気)
2着○07.ダイワスカーレット(2人気)
3着-02.ディープスカイ(3人気)
詳しい結果はこちら





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。