スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べにちゃい競馬塾(5)

2008年10月16日 14:11

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑↑↑↑
1日ワンクリックお願いします!


こんにちわ!

京都大賞典は見事にやってしまいました。

競馬塾(4)を書きながら京都大賞典の買い目は少し矛盾しているなぁと感じていたハナから瞬発力勝負に弱いアドマイヤモナークの激走。

3連単は外していてもぼくの馬券の考え方からすれば馬単の馬券はなんとしても持っていなければならなかったと思います。

京都大賞典の馬単の買い目が悪い例です。

ぼくみたいな失敗をしないためには競馬塾(4)で話した買い方を続ければ絶対に思わぬ万馬券がとれるはずです。

先週は本当にいい反省になりました。


ではその反省もふまえて今日も少し馬券の考え方について説明したいと思います。

なぜこれだけ馬券について口うるさく説明するのかは見ての通り予想が当たっても馬券が外れては何の意味もないのです。

それだけに予想と同じくらい馬券(買い目)についても考える時間が必要であると思います。


今週土曜日には京都でデイリー杯2歳Sが開催されます。

毎年大物が誕生している出世レースですが今年は少しさびしいメンバー構成になりました。

人気は野路菊Sをレコードで制したホッコータキオン、直線で豪快な差し脚を見せ新馬戦に勝利したアラシヲヨブオトコあたりでしょうか。


さて本題に入ります。

このレースは京都1600mでのレースですが

まず1600mを経験したことのある馬は出走馬中キングスガレリア、ナムラタイシの2頭。

また京都コースに限っては全馬未経験です。

とこれだけ見てもわかるようにほとんどの馬がまだ経験したことのない未知の馬場・未知の距離なわけです。

前述したホッコータキオンやアラシヲヨブオトコにいたってもこの施行条件を経験したことがありません。

それでもって人気になり凡走しレース後、距離が短かった・馬場が合わなかったなどのコメントをした陣営を山ほど見てきました。

もちろん人気になる理由は前走強かったり2歳ですから血統が良かったりと人気になる理由もわかります。

ただ未だ経験したことのない施行条件で好走するかどうかなんて走ってみないとわかりませんよね。

例えば今回出走するワンカラットは1200mのレースしか経験がありません。

どう思います?

突然1600mにかわって激走する可能性もあると思いませんか?


ここまできたら何が言いたいのかわかりますよね。

では今日のまとめです。

①人気馬に未知の部分がある場合は疑ってかかる。

②人気薄に未知の部分がある場合は買い。

ぜひこれを頭に入れて今週のレースに臨んでいただきたいと思います。


もちろんぼくが狙っている馬はホッコータキオンでもアラシヲヨブオトコでもありません。

週末に期待してください。

ではでは。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://benniekeiba.blog59.fc2.com/tb.php/15-e8e156ba
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。