スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べにちゃい競馬塾(7)

2008年11月11日 06:25

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑↑↑↑
いつもありがとうございます!

こんにちわ!

今日はべにちゃい競馬塾(5)・(6)の復習と今までの反省点などを書きたいと思います。

日曜のファンタジーS(1400m)で競馬塾(6)にあるように自分が口うるさく言う総流し馬券の威力をようやくお見せすることができました。

また競馬塾(5)で説明した人気馬に未知の部分があるときは疑ってかかるということもファンタジーSで実感していただいたのではないでしょうか?


まずは一つ目の総流し馬券

13番人気のイナズマアマリリスが快勝しました。同馬は元々地方競馬出身で中央競馬では札幌で2走し500万クラスで1着・OPクラスで2着と成績自体は悪くありませんでしたがぼく自身この馬のレース内容から正直、距離延長で新味がでるとは全く思いませんでした。このことから軽い芝・1400mの距離も初めてですし人気も全くありませんでしたが狙いたいとは思いませんでした。ですが走ってみれば快勝。競馬というものはわかりません。おそらくメディア系で本命にしていたのは関西系ローカルで放送されているサタうまに出演しているシャンプーハットの小出水さんくらいでしょうか。ちょっと的の外れた予想をする人でないと到底本命になんかできません(笑)。こういう買えない馬が激走する時に効果的なのが総流し馬券です。


次に二つ目の未知の人気馬

今回1番人気は新馬戦を阪神マイルで走破タイム1.35.9、2着馬に0.4秒差つけ快勝したワイドサファイアでした。今回のファンタジーSの施工条件は京都1400m、もちろん同馬は新馬戦を走ってこれが2走目ですのでこの条件は初めてでした。どうでしょう?いくら強かったとはいえ京都1400mで好走できるかは未知です。それなのに単勝オッズは1.6倍の断トツ人気。走ってみれば直線でもう一つ伸び切れず4着。ぼくからすれば未知の部分がある人気馬に大金をつっこむ人の気が知れません。3番人気のツルマルハローにしても同じことが言えます。同馬は新馬戦のダート1400mで2着馬に1.0秒差つけ快勝。この馬に限っては芝ではなくダートで走った内容が評価されさらには武豊騎乗で単勝が過剰人気。結果は全くいいところなしの11着でした。もし未知の馬を買うのであれば同じ未知は未知でも人気のない馬を買うようにすれば思わぬ超万馬券を手にすることがあるかもしれません。


ブログを始めてからの反省点

京都大賞典
◎トーホウアラン/4番人気1着
総流し馬券を買っていなく馬単11450円・3連複16340円・3連単114270円取り損ね。

富士S
◎バトルバニヤン/7番人気3着
対抗のエイシンドーバーを信頼しすぎ3連複1頭軸流しを買っていなく3連複17210円取り損ね。

ファンタジーS
◎ワンカラット/5番人気2着
もう1頭の穴シルクナデシコもワンカラットと同じくらい妙味がありいつものように馬単総流しを買っていなく馬単66920円を取り損ね。

この3つです。富士SとファンタジーSは自分で決めた買い方だったので仕方なかったですが京都大章典は自分の馬券理論では絶対にやってはいけないことでした。このあたりはこれからどんどん改善できると思うので頑張ります。


逆に良かった点

全13頭
◎本命馬[1-1-3-8] 単07%-連15%-複38%
○対抗馬[4-3-3-3] 単30%-連53%-複76%

穴馬を本命にして4割近い複勝率を出せていることは自分でも満足しています。あとはやはり本命馬が馬券に絡めば絶対に馬券を取りこぼさないことですね。

また対抗馬の複勝率には自分の予想理論が的外れではないという証明にもなり嬉しく思います。『対抗馬』=『べにちゃいが本命予想家ならこの馬から買う』というニュアンスで捉えていただけたらと思います。ただ単に人気馬を対抗にしているわけではありませんしきっちり適性を見て決めているので本命予想の方はぼくの対抗馬を参考にしていただいてもいいかもしれませんね(笑)。もちろん対抗馬は人気馬が多いので当然の結果だと言われればそれまでですが、ではなぜ穴予想家なのに対抗馬は人気馬なのか?

それは1番人気~3番人気までの3頭全てが着外になるケースは全レースの1割に満たないというデータがあるからです。ですから矛盾になるかもしれませんが何でもかんでも穴馬から買ってもそれはそれで当たりません。3連複2頭軸の2頭目に必ず強い馬を選ぶようにしているのはそのためです。何も無理矢理に対抗馬を1~3番人気から選ぶということはしていませんが実際自分が3着以内は堅いと思う馬は人気になっても仕方ない馬だからです。

対抗馬が着外になったのは

京都大章典
○マンハッタンスカイ/5番人気6着
このレースは人気のアルナスライン・アドマイヤジュピタともに休養明けで状態に不安があり正直複軸が見当たりませんでした。ですから馬券も2頭目の軸にこの○マンハッタンスカイと7番人気の▲アイポッパーの2頭で勝負しアルナスライン・アドマイヤジュピタは着外、アイポッパーが3着だったので対抗の印をマンハッタンスカイにつけたのは間違いではなかったと思っています。

秋華賞
○レジネッタ/2番人気8着
このレースは1番人気トールポピーと2番人気レジネッタのどちらを対抗にするか迷いました。どちらも消耗戦に強く馬券になるなら両馬ともにと思っていましたが自分の中でトールポピーは馬券になるなら頭というイメージ、レジネッタは勝ちきれないけれど3着以内ならというイメージを持っていたのでレジネッタを対抗にしました。結果は両馬ともに直線で伸びを欠き着外。正直敗因はわかりません。競馬塾(4)でメイショウサムソンを例に出したように馬も生き物です。走りたくない日だってあります(笑)。これがさっき述べたように1~3番人気の馬が全て着外になる確率のその1割のレースでしょうか。

富士S
○エイシンドーバー/1番人気4着
これは本命のバトルバニヤンが3着だったので悔しかったレースの1つです。休養明けでしたが今回は馬体も出来上がっており調教の本数も万全で東京マイルG1・3着の実績から適性も問題ないと思い対抗にしました。結果は直線で伸びてはきましたがあと1歩届かず。やはり休養明けでキレという面が備わっていませんでした。これは仕方なく馬券でもう少し自信をもって本命のバトルバニヤンから厚めに買うべきでした。


どんどんワンコイン馬券の威力をみなさんに披露するためにこれらの反省をふまえ本命馬・対抗馬ともにさらに精度の高い予想ができるよう頑張ります!

馬券も先週万馬券2本的中!

本命馬激走も馬券はハズレ、馬券的中も配当が安かったりというようにどこか悪循環だった10月のマイナスから一気にプラス回収にまでもってこれました。

今週はエリザベス女王杯・京王杯2歳Sが行われます!

京王杯2歳SはファンタジーS同様未知の人気馬・未知の人気薄が多数存在するので盲点をついて高配当ゲットといきたいところです。

週末の予想に期待してください!

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://benniekeiba.blog59.fc2.com/tb.php/30-c99778c4
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。