スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JC前哨戦②

2008年11月27日 18:47

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑
京阪杯注目馬公開中!
現在170位

G1討論掲示板
↑↑↑↑
JCについての質問または討論はこちらへ

菊花賞

こんばんわ!

気になる人気馬の1頭オウケンブルースリが出走した菊花賞ですが果たして今年の菊花賞のレベルはどうだったのか?菊花賞はJCに結びつくのか?を検証したいと思います。

2001年
TIME:3.07.2
前:63.0
中:64.2
後:60.0


2002年
TIME:3.05.9
前:58.3
中:66.4
後:61.2


2003年
TIME:3.04.8
前:60.6
中:63.7
後:60.5


2004年
TIME:3.05.7
前:60.4
中:63.7
後:61.6


2005年
TIME:3.04.6
前:61.2
中:63.4
後:60.0

2006年
TIME:3.02.7
前:58.7
中:63.5
後:60.5


2007年
TIME:3.05.1
前:60.7
中:63.6
後:60.8

2008年
TIME:3.05.7
前:58.8
中:66.7
後:60.2



菊花賞組がJCで馬券になったのはこの8年だけでも5頭

01年ジャングルポケット(JC1着・菊花賞4着)
03年ザッツザプレンディ(JC2着・菊花賞1着)
04年コスモバルク(JC2着・菊花賞4着)
04年デルタブルース(JC3着・菊花賞1着)
06年ドリームパスポート(JC2着・菊花賞2着)

今年の走破タイム3.05.7は平均程度。最も早かった2006年にはドリームパスポートが2着、逆に最も遅かった2001年はジャングルポケットがJCを制しているのですから走破タイムからレベルを推測するのは意味が無いように思います。

ではラップからはどうでしょう?

今年は前半1000mと中盤の1000mの差が7.9秒、これは2002年の8.1秒に次ぐ中だるみの展開。その2002年の3歳馬の成績はJCに出走しなかったものの菊花賞勝ち馬ヒシミラクルが後の天皇賞春→宝塚記念を制覇、菊花賞に出走しなかったシンボリクリスエスが天皇賞秋1着→JC3着と同年代のレベルは高く中だるみだからと言ってレースレベルを低いと判断することもできないということです。

このことから菊花賞の時計やラップからは判断できず何が重要なのかというとやはり同年代のレベルそのもの。

今年の3歳馬のレベルは低いと言われていますがディープスカイが天皇賞3着、リトルアマポーラがエリザベス女王杯制覇と古馬相手にも十分通用することがわかっています。

オウケンブルースリは神戸新聞杯でディープスカイに敗れはしましたが0.1秒差の僅差負け。

8年で5頭も馬券になっているわけですから菊花賞→JCのステップはローテーション的には文句なしと言えますし力的にも通用する値であると判断しても問題ないと思います。

今週は土曜の重賞、京阪杯で注目している馬がいます!

ぜひランキングにご協力を!

京阪杯注目馬公開中!
現在170位です。
↓↓↓↓↓↓
a81eb2a2.jpg

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://benniekeiba.blog59.fc2.com/tb.php/41-cffbc70b
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。