スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べにちゃい競馬塾(8)

2008年12月08日 15:39

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑
阪神JF注目馬公開中!
一日ワンクリックご協力お願いします!
現在101位です。

こんにちわ!べにちゃいです。

日曜日は阪神競馬場に直接行く予定だったんですけど、寒すぎて寒すぎてあきらめました。

今日は週末の寒さに比べいい天気ですね。

さてさて今日は私が実践している競馬新聞の使い方についてお話したいと思います。

競馬新聞ってごちゃごちゃしてて見にくいですし様々な情報が載っていてついつい色々な所に目がいってしまい自分の予想スタンスを崩しがちになる人も多いと思います。

例えばコメント

自分が買おうと思っていた馬の厩舎のコメントが弱気だとついついコメントが強気な馬を買ってしまい実際は最初に買おうと思っていた馬が好走。

こんなこと競馬をしていたら誰だってよくありますよね?

厩舎のコメントなんていうものは不確定要素なんですよね。

馬はやはり動物ですしその本質まで見抜くことなんて長年馬に携わっている人でもわからないものです。

私はコメントを見るときは『前走は馬場がのめって競馬にならなかった』『前走後は体が減ってしまった』というようなものを今回は馬場は良かな?馬体重を確認して大幅にマイナスになっていないかな?などの確認が必要な部分だけチェックしています。

競馬新聞に載っている情報は不確定要素だらけでそんなに深く長い時間競馬新聞とにらめっこする必要はありません。

では何を見ればいいのか?

それは確定要素=持ち時計上がり3Fのタイム距離実績コース実績

時計というものは馬がそれだけ走った証拠なわけです。

数字を見ることって文系の人からすれば頭が痛くなるものですがそんなに難しく考える必要はありません。(ちなみに私も文系です)

使う競馬新聞は競馬ブックのみです。他の新聞は一切使用しません。

よくウインズなどに行くとエイトとニッカンスポーツというように二刀流で競馬している人がいますよね?

あんなことしたら書いてることはバラバラ、一体何を信じればいいのかわからなくなり私だったら買う馬をいつまでたっても決めれません。(笑)

では実際に見てみましょう。

これは府中牝馬S出走前のキストゥヘヴンの馬柱です。

①コース実績
2.jpg

左から東京・中山・福島・新潟・芝全成績・ダート全成績

下にある(左)の成績は左回りの成績を表しています。

これは月曜に発売される週間競馬ブックの画像ですが前日に発売される競馬ブックなら福島・新潟の代わりに京都・阪神の成績になっているのでそちらを見るほうがベターです。

ここからは大まかに軽い芝の東京が得意か重い芝の中山が得意かを読み取ることが出来ます。

東京では勝ち鞍がありませんが中山では3勝を挙げ2着1回3着1回が示すように時計のかかる重い芝のほうが得意ということがわかります。

しかしこれだけで判断するのはまだ不十分。今現在の中山が早い時計がでる馬場なら好走できるのかわかりません。

ここからがちょっとしたテクニックです。

②距離別持ち時計・距離実績
1.jpg

まず右半分の上から1400m・1600m・1800m・2000mの距離実績になっています。一番下の未経験というものは府中牝馬S出走前の新聞ですから当該コースの距離実績つまり東京1800mの成績ですがまだ一度も東京1800mに出走したことがないので未経験になっています。

勝ち鞍があるのは1600mで3勝・1800mで1勝・1400mと2000mでは勝ち鞍がないのでベストパフォーマンスを発揮できるのは1600mの距離だということがわかります。

次に左半分は距離別の持ち時計を表しています。ベストパフォーマンスは1600mの距離ですから上から2行目を説明します。

中良=中山・良馬場

1321=1600mでのベストタイム1分32秒1

五五=斤量55㌔

①=その時の着順1着

351=上がり3F-35.1秒

見方はこれくらいの説明でわかると思います。

この見方さえ理解すれば様々な適性好走パターンを読み取ることができます。

まずは持ち時計その時の着順、1400mと1600mのタイムはG1でも通用するほどの好タイムまたその時の着順もそれぞれ2着・1着ですから時計が早い時計勝負には対応可能ということ。2000mでも1分58秒8の時計自体は好タイムですがその時の着順が6着と馬券になっていません。1800mは3着ですが時計自体は平凡。つまり2000mの距離では早い時計勝負には対応できずただ早い流れについてまわっただけということ。1800mではまだ早い時計を経験したことがないので距離自体は問題ないですが時計勝負では未知ということになります。

次に上がり3Fのタイム、1600mの1分32秒1というタイムは好タイムですがその時の上がり3Fのタイムが35.1秒とごく平凡です。

3

これはその時のレースです。見にくいですが上から3段目に注目してください。

H前34.9後35.1

H=ハイペースの流れで前半3Fを34.9秒、後半3Fを35.1秒で走ったということですがこの35.1秒のところが黒い太字になっています。これは上がり最速だったということを表しています。

つまりメンバー中一番早い上がりでも35.1秒という平凡なものだったということです。

これだけの情報で十分キストゥヘヴンは時計勝負には対応可能だけれども上がりがかかった時に好走する。またスローペースの早い瞬発力が求められるレースよりハイペースなどの上がりを要すレースで力を発揮できるということまで読み取ることができました。

では競馬ブックのコース実績と持ち時計・距離実績を見るだけでどれだけのことがわかるのかキストゥヘヴンを例にまとめてみます。

キストゥヘヴン

距離
1600mがベスト
1400mまでの距離なら早い上がりも使える
1800mの時計勝負は未知
2000mでは持ち時計自体は早いので時計がかかる馬場や展開なら食い込む余地も

重い芝の場合
基本的に得意
開幕週などの時計勝負などでも上がりがかかれば好走できる。

軽い芝の場合
瞬発力勝負は苦手
開幕週などの時計勝負などでも上がりがかかれば好走できるがあまり期待できない。
開催が進んで馬場が傷めば好走できる。

ペース
M~Hペースの上がりがかかる展開が得意。


長くなりましたが私は普段予想する時、競馬ブックの2つの欄を見てこれだけのことを読み取っています。

ほとんどの新聞は近5走くらいの成績しかのっていないと思います。正直それだけで適性を判断するなんてできないんですよね。

だからこそ競馬ブックのベストパフォーマンス欄をうまく活用して出来る限りの適性を把握しようとしています。

別に競馬ブック以外の新聞でも昔と違ってこれくらいの情報はどこの新聞でも載っていると思うので是非実践してみてください。

難しく見えるかもしれませんが慣れてしまえば実際1頭につき15秒くらいあれば簡単に判断できてしまうのでオススメです。

あとは持ち時計の基準についてですが一体どれくらいの時計が早くてどれくらいが遅いのか判断するのか難しいと思います。これはクラスが違えば当然変わってきますし一つ一つクラス別に説明すると膨大な量になりますし一概に説明することができませんが出走メンバー同士で見比べるのも一つの手だと思います。

わからないことがあれば討論板でも直接メールでもなんでも聞いてくださいね。

今週も頑張りましょう!

よろしければブログランキング応援よろしくお願いします!

べにちゃい

a81eb2a2.jpg
↑↑↑↑
阪神JF注目馬公開中!
一日ワンクリックご協力お願いします!
現在101位です。

スポンサーサイト


コメント

  1. taku | URL | -

    相互リンクの件ですが、了解しました。

    こちらこそよろしくお願いします。

    ハイペースなど書いているのは僕も知らなかったです。競馬新聞をあまり買わないので勉強になりました。

    今後ともよろしくお願いします。

  2. べにちゃい | URL | -

    こんばんわ

    明日には必ずリンクの欄に追加させていただきます。

    これからもよろしくお願いします!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://benniekeiba.blog59.fc2.com/tb.php/61-6346903e
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。